動画の共有

LINE 埋め込み

いしはた歯科クリニック

埼玉県久喜市久喜中央1-3-19ゆきビル1F

こんなにある 歯ぎしり放置のリスク

歯がすり減ってくると何が困るかというと

歯というのは卵で例えると卵の殻の部分が最表層でそれがエナメル質です

卵でいうと白身の部分が象牙質になるのですが

歯ぎしりを夜間に無意識にやり続けて10年、20年放っておくと

エナメル質が全部削れてしまいます

そうすると歯がすり減ることによって噛み合わせが下がってきます

象牙質まで歯のすり減りが及んでしまうと

水が沁みたり知覚過敏に繋がってきます

瞬間的な食いしばりの何が悪いかというと

歯にヒビが入ったり割れたり

あとは詰め物が取れてくるとかそういうトラブルが考えられます

歯が常に弱い力で触れ続けていると

顔の筋肉をずっと使いっぱなしの状況になるので

頬の辺りが疲れるとかこめかみの辺りが痛くなって頭痛とかにも

関係していますし

歯が当たったときに当たったと感じているのはどこで感じているかというと

歯根膜というのが歯と歯槽骨の間の隙間の空間にあります

常に歯が当たっていることによって

歯根膜の部分の血流が阻害されてしまうと

例えば正座を10分くらいしていると足がしびれてくると思います

その感覚が歯が常に当たることによって

歯根膜でその膝のしびれが起きてきて

歯の浮いた感じや歯が当たってないのに痛いとか

むし歯も歯周病もないのに歯が痛いとか歯が沁みるとか

歯に違和感があるということを言われる方が結構います

そういう例はたくさんあります

診療時間

9:30~12:30
15:00~20:00

医院概要

診療内容 一般、小児、矯正、口腔外科、審美、予防、インプラント、ホワイトニング、歯周病治療、咬み合わせ、義歯、訪問、顎関節治療
ホームページ
アクセス

埼玉県久喜市久喜中央1-3-19ゆきビル1F

JR宇都宮線・湘南新宿ライン・東武スカイツリーライン(伊勢崎線)「久喜駅」から徒歩2分

電話番号 0480-24-6480

MAP

この医院の歯科衛生士求人情報

ワンステップずつ成長し、 予防中心に活躍できる!

地域から探す

『気になる』ワードから探す