動画の共有

LINE 埋め込み

磯部歯科クリニック

東京都板橋区常盤台2-3-5吉田ビル1F

子どもにもフロスがおススメな理由

一番奥に生えてくる乳歯の臼歯、第二乳臼歯というのが生えてくるのがだいたい2歳半くらいですが

それが抜けるのがだいたい11歳から12歳前後で小学校5年生、6年生くらいまでは使わなければなりませんが、

そうするとだいたい生えてきてから3歳くらいをすぎて徐々に甘いものも食べるようになってきて、

お友達の家で甘いものをもらったりなどそれが増えてくることによって

小学校に入る前くらいになるとその奥歯の歯と歯の間にむし歯ができやすくなるのですが、

そこの部分はなかなかご自宅では見えないし発見できません。

乳歯のエナメル質が薄いので中でむし歯になって、周りはエナメル質なのですが中だけ空洞になっています。

それを食事で噛んでバキッと上が割れて穴が見えてきます。

実際はもっと前からむし歯があってただ気づかないだけで、たまたまその穴のところが割れて

明らかに肉眼で見えるようになってきたということが結構あるので

それで糸などを使うと当然歯と歯の接触の部分がお掃除できるのもありますが、

もうひとつは糸を通すことによってむし歯になると表面が脱灰(だっかい)しザラザラします

フロスや糸は1本の糸ではなく細かい糸が合わさって1本の糸になるので

要はそれがバラけて汚れをからめ取るのですが、糸がひっかかってほつれたりなど切れてくるので

糸を通しているとお掃除もできるしセルフケアでお掃除しながらむし歯のセルフチェックができるので、

今まではスルスル抜けていたのが、最近はここだけが少し糸が引っかかるとか、

無理して引っ張ると切れるとか、それはすでにザラザラしている可能性があるので

早めに歯科医院に行ってレントゲンを撮ったりしてむし歯を確認したほうが良いですよとは伝えています。

診療時間

9:30~12:30
14:00~19:30

※▲は18:00まで診療
※祝日は休診日
※祝日週の振替診療あり(木曜日)

診療予約・お問い合わせ

医院概要

診療内容 一般、小児、矯正、口腔外科、審美、予防、インプラント、ホワイトニング
ホームページ
アクセス

東京都板橋区常盤台2-3-5吉田ビル1F

東武東上線「ときわ台駅」から徒歩3分

電話番号 03-3965-8849

MAP

この医院の歯科衛生士求人情報

年1回、1万円の昇給あり! 安心の教育カリキュラム◎

地域から探す

『気になる』ワードから探す