動画の共有

LINE 埋め込み

磯部歯科クリニック

東京都板橋区常盤台2-3-5吉田ビル1F

お子さんのために必見! 誤解されやすい フッ素の効用

目安は3歳くらいですかね。

3歳くらいになるとある程度こちらが話していることもわかる年齢になっているので

説明しながら理解が得られれば口の中を検診したり、お掃除とかもできるので、

全体的にクリーニングしてきれいにしてからフッ素を塗るようにはしています。

保護者の方によってはフッ素に対して誤解されている部分もあるので、

フッ素は決して万能なお薬というわけではなく、歯を強くするお薬です。

むし歯にならない薬ではありません。フッ素を塗っているからむし歯にならないからといって

甘いものを食べていれば当然むし歯になるので、あくまで一番大事なのは

生活習慣で、甘いものや食事の摂り方など、生活習慣が一番大事で、

プラス小さいお子様はひとりでは歯磨きが管理できないので

お父様とお母様の仕上げ磨きというのが非常にウエイトとしては大きいので、

そこにさらにプラスアルファがおそらくフッ素ということになります。

フッ素を塗布すると歯の表面のエナメル質が固くなるので固いからむし歯の酸に対して溶けづらい、穴が開きづらい

あるいはむし歯になってしまっても溶けるスピードが遅いので進行がゆるやかになるというところで

予防効果があるということになります。

フッ素はあくまで補助的なものと思っていただいたほうが良いのですが、そこを勘違いされている方もいると思います。

歯科医院で塗っているのは通常だと半年に1回という感じなので基本的には小さいお子様の場合は

歯の質が薄いですね。

エナメル質も薄いし、その下の象牙質も薄いので歯のすぐ下まで歯髄が広がっている感じになっているので、

むし歯になると進行が速いのと重症化しやすいですね。

なので3ヶ月に1回くらいの検診で半年に1回くらいフッ素を塗布するのが理想的ですとお話しています。

診療時間

9:30~12:30
14:00~19:30

※▲は18:00まで診療
※祝日は休診日
※祝日週の振替診療あり(木曜日)

診療予約・お問い合わせ

医院概要

診療内容 一般、小児、矯正、口腔外科、審美、予防、インプラント、ホワイトニング
ホームページ
アクセス

東京都板橋区常盤台2-3-5吉田ビル1F

東武東上線「ときわ台駅」から徒歩3分

電話番号 03-3965-8849

MAP

この医院の歯科衛生士求人情報

年1回、1万円の昇給あり! 安心の教育カリキュラム◎

地域から探す

『気になる』ワードから探す